太陽光発電の基礎

地球温暖化や原子力発電が稼働できない事で電気料金が高くなる対策として、太陽光発電が注目されてします。
政府も太陽光発電には様々なメリットがあるので、設置を奨励しており補助金を支給しているのですが、設置する場合新しいシステムで十分な知識を取得して検討しないと、大きな損となる場合があるので、設置する場合は慎重に検討する事が大事となります。
ここで、太陽光発電に関する情報を集めたので、紹介したいと思います。
太陽光発電の特徴は、太陽の光を電池に蓄積して、電力に変化するするシステムなので、発電には燃料が不必要となります。
稼働中は地球温暖化の原因となっている二酸化炭素を排出しないので地球温暖化対策となります。
現在、原子力発電が東日本大震災の影響でほとんど稼働できない状態となっており、何時、稼働できるか分からない状態なので、石油等の枯渇性のエネルギーを輸入して発電していますが、枯渇性のエネルギーは二酸化炭素を排出する事と無限ではないので将来のエネルギー確保が問題となっています。
対して太陽光発電は、太陽の光で発電するので、将来に渡って安定したエネルギーを供給できるので、日本のエネルギー自給率を向上する事ができるものです。
太陽光発電を個人の住宅に取り付けると、消費する電気を発電する事ができるので、電気料金を削減する事ができ、さらに余った電気を電力会社に売電する事により収入をえられます。
この様に、太陽光発電は、様々なメリットがありますが設置費用が高額となっているのが問題となっています。
以前は、太陽光発電は高額だったので、費用対効果で見た場合、利益を確保する事が難しいと言われていました。
しかし、エネルギーの自給率が低い日本は、世界の中でも早い時期に太陽光発電に関しての研究と開発を民間と政府が協力して行い、現在では、設置費用も下がっており、さらに、太陽電池が改良されたくさんの電気を発電できるようになった事から一般家庭でも設置できるようになっています。
そして、太陽光発電の設置を普及させる為に、政府や自治体は様々な補助金制度を用意しています。
政府の補助金は一律の金額が支給されますが、自治体の補助金の支給額は自治体によって異なります。
政府の補助金に関する情報は、経済産業省の太陽電池発電設備を設置する場合の手続きで説明されています。
自治体の補助金の内容は「太陽光発電自治体名」で検索すると簡単に説明しているサイトを見る事ができます。
太陽光発電は、原子力発電の稼働が不透明の現在、電気料金が値上がりする事が十分に予想され、その対策に効果的なシステムと言えるので、住宅を新築する場合やオール電化のりホームする時に一度、設置を検討してみるとよいです。
Copyright (C)2016太陽光発電とオール電化〜メリットとデメリット〜.All rights reserved.